鉄道が大好きな管理人が、鉄道模型(Nゲージ)の魅力をご紹介します

鉄道模型の世界

鉄道模型 KATO

KATO 381系ゆったりやくも(ノーマル編成)入線

投稿日:

鉄パパ
今回は入線記事です。KATOのゆったりやくもの第2弾、ノーマル編成の入線です。しかし、いつもながらKATOの381系は出来が良いです。振り子もバッチリ効きますしね。

鉄パパ
各車両をかいつまんでみていきましょう。まずは目玉の1両目、クロ381。普通車からグリーン車への格上げ車で、窓枠と合っていない座席配置が特徴的です。

鉄パパ
目玉の2両目、サハ381。こちらは逆にグリーン車から普通車へ格下げされた車両です。

鉄パパ
目玉の3両目、クモハ381。一番の特徴はやはり、連結可能なカプラーを前面に装備している点でしょう。こいつが編成中間にくるのですから、381系は面白いですね。ちなみに、中間先頭車ながら、ちゃんとライトユニットを装備しています。

鉄パパ
そして、メインディッシュです。381系の編成の幅を広げてくれたクハ381。形式は既出ですが、クモハ同様に連結可能なカプラーを装備可能、という点が、一番の目玉でしょう。デフォルトはダミーカプラーなので、

鉄パパ
連結可能なカプラーを交換してみました。ちなみに、クハ381の床下assyを使えば、国鉄色の381系も先頭車が連結可能になったりするので、夢が広がります^^

鉄パパ
こんな感じで先頭車同士の連結も可能です。同じKATOで先頭車同士連結可能な「かもめ/みどり」の485系と違って、連結間隔もまずまずですね。

鉄パパ
それでは週回線に並べてみましょうか。

鉄パパ
そうそう、これこれ。これがやりたくてこのセットを購入したようなものです。

鉄パパ
調子に乗って、第1弾のゆったりやくもも取り出してきました。

鉄パパ
この2セットを使えば、いろいろな編成が組めるというわけです。ちなみに、第1弾は5号車がモーター車で、バランス悪いなーと思っていたのですが、9両編成にするためだったのですね。メーカーはここまで想定していたわけだ(;^_^A

鉄パパ
説明書通りの9両編成を組んでみました。加工済み車と未加工車が混在しているので、見栄えが多少悪いのはご愛敬です。

鉄パパ
付属編成その1、モハ+モハ+クハです。これがオーソドックスですが、

鉄パパ
付属編成その2、サハ+モハ+クモハなんてのも面白いですね。ただ、この場合は付属編成のモハにモーターが入っており、編成全体で2モーター編成になってしまいますので、床下パーツのスワップが必要です。
鉄パパ
第2弾も、第1弾と同様に加工して、色々な運用につかせてみたいと思います^^


[鉄道模型]カトー (Nゲージ) 10-1452 381系「ゆったりやくも」(ノーマル編成)7両セット


【中古】Nゲージ/KATO 10-876 レジェンドコレクションNo.5 381系 「しなの」 9両セット【A】

Sponsored Link

-鉄道模型 KATO

Copyright© 鉄道模型の世界 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.