鉄道が大好きな管理人が、鉄道模型(Nゲージ)の魅力をご紹介します

鉄道模型の世界

その他

TOMIX 923形ドクターイエロー ~加工難易度★★★★~

投稿日:

加工内容

・LED室内灯取り付け

・パンタスパーク取り付け

鉄パパ
今回のお題です。人気の車両、923形ドクターイエローです。鉄パパは今まで見たことがなかったのですが、先日、ツイッターの運行情報をもとに、初めて実車を新大阪で見ることができました^^。今回も室内灯の取付と合わせて、エクシンテックさんのパンタスパークを取り付けたいと思います。

鉄パパ
それでは、早速ばらしていきましょうか。1号車からです。

鉄パパ
車内に座席が並んでいますが、これは間違いですね。後で取っ払うことにしましょう。

鉄パパ
こちらは2号車。7両編成で2号車がモーター車ってバランスが悪いですが、セット構成の都合上なのでしょう。

鉄パパ
3号車。観測ドームにはちゃんと屋根に穴が開いており、室内には座席も置いてありました。

鉄パパ
4号車。この車両は比較的忠実に車内が再現されていますね。観測機器の手前にはいすを置きましょうか。

鉄パパ
5号車。車両中ほどに並ぶ大きめの椅子があるスペースは休憩室かな?

鉄パパ
6号車。まばらに観測機器が置いてありますが、正しいのかよく分かりません(;^_^A

鉄パパ
そして7号車です。こちらは座席が残っているので車内表現はあっています。

鉄パパ
それでは車内を加工していきます。まずは1号車ですが、座席をすべて取っ払って、観測機器らしきものと椅子を取り付けました。

鉄パパ
こちらは4号車。この車両にも椅子を設置。

鉄パパ
と、こんな感じで座席パーツが仕上がりました。7号車は座席を塗装していますが、営業用ではないため、あえてヘッドカバーは表現しませんでした。

鉄パパ
続いては目玉のパンタスパーク取り付けです。いつものようにパンタを外してLEDを接着し、

鉄パパ
それを2個くっつけました。ちなみにパンタスパークは6号車のみに取り付けています。

鉄パパ
パンタスパークLEDを基盤につなぎ、基盤はLED室内灯から電源をもらいます。

鉄パパ
スパークの実験です。うまく光ってくれました!

鉄パパ
電飾の最後はヘッドライトのレベルアップ。オレンジの暗いLEDから、明るい白色LEDに交換しました。

鉄パパ
ついでに実車同様、ライトレンズの内側2灯にクリアイエローを塗り、フォグランプに仕立てました。

鉄パパ
それでは組み立てていきます。

鉄パパ
点灯しました!

鉄パパ
狙い通り、ライトがフォグランプっぽく光るようになりましたね^^

鉄パパ
車内には座席が並びます。

鉄パパ
こちらは座席を撤去した1号車。

鉄パパ
観測機器っぽいのが並んでいるのが分かるでしょうか?

鉄パパ
3号車です。

鉄パパ
観測ドームの上からのぞくと、座席が置いてあるのが分かります。

鉄パパ
4号車です。

鉄パパ
この車両も追加で座席を設置しましたが、それがちらりと見えますね。

鉄パパ
最後は5号車です。

鉄パパ
休憩室(?)の座席もこの通り見えるようになりました。

鉄パパ
そしてやっと完成しました!編成は新幹線にしては短いですが、色々と加工を加えていたら、かなり手がかかってしまいました(;^_^A。でも仕上がりは上々です^^


送料無料◆セット販売 92429/92430 TOMIX トミックス 923 (ドクターイエロー) 基本/増結 セット Nゲージ 再生産 鉄道模型 5月予約】

Sponsored Link

-その他

Copyright© 鉄道模型の世界 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.